男性もカンジタ膣炎になるの?

 

カンジタ膣炎と言えば女性特有の感染症というイメージですが実は男性にも感染するのです。
男性の場合は自発的に発症する場合と他人から移される場合があります。
まず自発的に発症する場合ですが、健康状態があまり良くない場合感染することがあります。
女性と同じく疲労がたまっている、風邪を引いているなどで免疫力が低下しているとカンジタ真菌が繁殖しやすくなります。

 

そして抗生物質を使用すると感染するのも女性と同じですが、1~2週間してからかゆみを感じ始めることが多いそうです。

 

他には蒸れてしまったり、包茎など、皮膚環境が不衛生ですと菌が繁殖してしまいます。

 

そしてもう1つの感染源である他人から移される場合ですが、性交渉の相手がカンジタ膣炎に感染していると感染する可能性があります。男性の主な症状は亀頭部分が炎症し、かゆみを感じたり、ただれたりします。
また亀頭が赤くなって白い粕のようなものが出ることも有ります。

 

極稀に尿道炎を起こしてしまうこともありますので、もしも感染したかなと思ったり、性交渉の相手がカンジタ膣炎の感染者であった場合は医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

 

もし女性側は完治下としても男性側が繁殖していますとまた女性へ感染してしまい、感染がループしてしまいます。男性も女性も、感染中は性交渉を控えるように注意が必要です。

 

女性のカンジダ膣炎は性交渉をすることで男性に移ります。逆にカンジダ男性が性交渉を行う事で女性がカンジダ膣炎を発症する場合もあります。

 

 

カンジダ男性が求める知識について

 

男女の間で性行為を行った場合に、カンジダになってしまう確率は存在します。十分に清潔にしていたとしてもかかってしまうのがポイントです。世の中でもカンジダ男性となっている人は少なくありません。

 

しかし、自分だけの症状で治まらずに、そのまま性行為を続けてしまうと、どんどん伝搬させてしまうことがあるのも特徴的。つまり、症状が見られる場合には早期に治療を開始すべきなのです。

 

医療機関での診断が重要ですが、なかには専門的なところに相談せずに、自分で解決したいという思いがあるのも生殖器関連です。少しでも個人のプライバシーに配慮しながら治療するには、セルフケアを知ることから始めるべきではないでしょうか。

 

口の周りに症状が出たり、皮膚に出たりと個人差が存在しますが、いずれの場合も自然回復を望むのではなく、専門的な解決策をコンサルトしてもらうのが必要です。自己解決を行ったとしても、誤った対応になってしまっては、カンジダ男性から抜け出すこともできないのです。

 

どんな疾患においても症状に合わせて適切な対応を組み立てることが、苦痛の度合いを小さくすることが可能なのです。恥ずかしいというイメージを抱くのではなく、健やかな生活を取り入れるために重要なこととして知っておくべきなのです。