妊娠中にカンジダになったら?

 

妊娠中にカンジダになってしまった人は完治出来ない場合、出産中に抗生物質を点滴しながら出産することになる可能性があります。
私が出産直前にカンジダになってしまい、抗生物質を点滴しながらの出産になりましたが、やっぱりできれば点滴なしで出産に挑みたかったなと思います。
カンジダを完治するためには、やっぱり時間がかかります。
私の場合も、もう少し時間があれば、カンジダを完治してから出産に挑めたのかなって思いました。
でも、カンジダはいつなるのかわかりません!
出産前になってしまったら、それはもう出産前にカンジダを完治するのは難しいと覚悟しておく必要があります。
点滴を打っての出産になると、勿論、その分の医療費がかかりますし、良いことはありません。
赤ちゃんに悪い影響が出るんじゃないのかと、不安にもなりますしね。
やはりカンジダは赤ちゃんのことを思えば、出産前には完治させておきたいです。
ただ、症状が軽ければ、点滴を打ちながらの出産は、それほど困難でもないので、あまり悪く考えすぎないでも大丈夫です。
本当にカンジダの症状が悪い場合は、自然分娩ではなく、帝王切開になりますからね!
帝王切開になる時は、それだけリスクが高いってことですね。

 

 

妊娠中のカンジダは読めない!

 

妊娠中のカンジダは早く治療をしないとダメ!
私は出産前にカンジダになってすごく治療に苦労しました!
カンジダになってしまった人の場合、基本的に出産前までにカンジダを治療をするのが大事。
でも、カンジダって、出産直前になってしまうこともあるので、すごく難しいんです!
私も数日前の健診の時になって、カンジダがわかり、当日に抗生物質を点滴しながら出産するか、最悪の場合は抵抗切開だと言われて、びっくりしたことがあります!
帝王切開にだけはなりたくないと思っていたので、必死でカンジダを出産前に治療したいと思いました!
まさかカンジダで帝王切開になってしまうなんて、考えたこともありませんでした!
でも、産道を通ってやって来る赤ちゃんにとっては、やっぱりカンジダって大きな問題なんですよね。
カンジダはやっぱり、出産前には完治していることが望ましいです。
そうじゃないと、出産プランが狂ってしまいます!
自然分娩の費用で用意をしていた人なんかは、まさか直前にカンジダになって、帝王切開になるとわかると、びっくりしてしまうと思います。
費用が全然変わってきますので、自然分娩か帝王切開かはすごく大事な問題です。
妊婦さんにとってカンジダは難敵ですね。