カンジダ性包皮炎と診断される

 

ついこの間、大事なところがやけにカサカサでかゆくなってきたなぁと思い病院に行ってみました。

 

カンジダ性包皮炎という衝撃的過ぎる診断を受けてしまいました。

 

そんなつもりで病院に行ったわけじゃないのに・・・いや、行かなかったらもっと不味いことになっていたのは町がいないですけどもね。

 

でも、さすがにカンジダ性包皮炎と言われるのはダメージが大きいですよ。

 

心が思いっきり抉られてしまいましたよ。

 

もうその日は頭が真っ白でしたね。

 

ですが、どれだけダメージを受けたところで治ってくれはしないので、さっさと我に返って薬を使い始めました。

 

軟膏を塗るだけの簡単なお仕事ですけど、何だかすごく切ないです。

 

 

 

 

足の爪のカンジダは男性が多いらしい

 

カンジダになってしまいました。
できてしまったのは足の爪なんですけどね。
最初は水虫かと思ってその薬を使っていたんですけど、全然良くならなくて・・・。
仕方ないので皮膚科へ行ってきたところ、カンジダだと言われたわけです。
ショックだったんですが、医者の話だと、足の爪にカンジダができる男性は結構多いんだそうです。
それこそ、水虫と間違ったまま薬を使っている場合もすごく多いんだそう。
それを聞いてちょっと安心してしまいましたね。
ただカンジダになってしまったことに変わりはありませんので、早く治したいと思いますね。
上にも書きましたが、足の爪にカンジダができる男性はかなり多いらしいですので、蒸れやすくなる夏場とかは特に気をつけてくださいね。
さてこのカンジダは他の部分にもうつってしまうことがあるようです。もっとも気をつけたいのはカンジダ性亀頭包皮炎になってしまうことです。カンジダ男性の悩みのほとんどは性器に入ってきてしまうカンジダ性亀頭包皮炎と言われています。
あ場所が場所だけに人に簡単に話すこともできなく密かに悩んでいるという方も多いようです。
やはりカンジダになってしまった際には早めの治療はお薦めです。
カンジダ男性なんて言われるのはちょっと避けたいですからね。

 

 

カンジダ男性は水虫とカンジダを勘違い

 

水虫だと思っていた足の爪が、実はカンジダだということが判明しました。
ずっと水虫だとばかり思って薬を使っていたんですが・・・治らないわけですよね。
いつまでも治らないので病院に行ったら、これはカンジダですね、と言われたんですよ。
どっちも蒸れたりするのが原因になったりしてなるものなんだそうですが、どうしてでしょう、水虫よりもカンジダのほうがさらにイメージが悪い気がします。
でも医者の話だと、実際に僕みたいに水虫とカンジダを勘違いする男性はすごく多いんだそうな。
確かに自分でもなってみて分かりましたが、ものすごく分かりにくいです。
カンジダを勘違いしてしまう男性が多いというのも分かる気がします。
でも適切な治療をすれば、かえって水虫よりも早く治ったりするんだそうです。
なんでもいいので早く治したいです。
やはりカンジダ性亀頭包皮炎になってしまったというのは人には言いづらいです。
だってカンジダ男性なんていうレッテルを貼られてしまったら嫌ですからね。