亀頭包皮炎の予防・対策

 

男性であれば亀頭包皮炎の対策をおこなっておく必要があります。
男性器はとてもデリケートな部分で、不衛生な状態が続くと細菌に感染してしまったりカンジダに感染してしまう可能性が高くなってしまいます。
細菌やカンジダに感染してしまうと包皮や亀頭に炎症が発生し、悪化してしまうと排尿もできない程の激痛を伴うようになってしまいます。
また包茎が悪化してしまう原因にもなりますので、男性であれば事前に亀頭包皮炎の予防や対策をおこなっておく必要があります。
亀頭包皮炎の予防として最も効果が期待できるのは亀頭を常に露出させておく事です。
包茎の場合は包皮と亀頭の間に雑菌やカビの繁殖を促進させるスペースができてしまい不衛生になりがちです。
また包茎の方は尿や垢などが溜まりやすくなりますので、知らず知らずのうちに炎症を起こしてしまっている事も少なくありません。
ですので可能な限り亀頭を包皮から露出させておく事が重要になります。
また陰部を蒸れさせない環境に整えておく事も亀頭包皮炎の対策に効果が期待できます。
夏場などの気温が高い時期は特にブリーフなど肌に密着する下着は避け、トランクスなどの風通しの良いパンツを穿くように心がけましょう。

 

 

治らない亀頭包皮炎を治すために必要なこと

 

なかなか亀頭包皮炎が治らず困っているという方は陰部の衛生面に問題があるかもしれません。
特に亀頭が包皮に包まれている包茎の場合、包皮の内部が不衛生になりやすく亀頭に炎症ができやすくなります。
入浴時にこまめに洗っていてもすぐに包皮の内部が蒸れてしまいますので、症状が一時的に治まっても再発してしまう可能性が高くなってしまいます。
また包皮から亀頭が完全に露出している露茎の方であっても肌に密着するような下着を穿いていると通気性が悪く、陰部が蒸れてしまい雑菌やカビの繁殖を促進させてしまっているケースが多いです。
雑菌やカビの繁殖が活発になってしまっていると新たに炎症を起こしてしまい、再発を繰り返してしまう可能性が高くなってしまいます。
ですので治療をおこなっているのに亀頭包皮炎が治らなくて困っているという方は、陰部をなるべく蒸れさせない為の工夫をおこなってみてはいかがでしょうか。
大量の汗をかいた場合はこまめに着替えをおこなったり、トランクスなどの通気性のいい下着を穿くなどの工夫をおこなう事でなかなか治らない亀頭包皮炎が治る可能性があります。
また亀頭包皮炎は治療に根気のいる病気です。
見た目では治っていないように感じても実際には徐々に良くなってきている場合がほとんどなので、途中で治療を諦めないで処方された塗り薬は使い切るように心がけましょう。