男性のカンジダを自宅で検査

 

男性のカンジダは亀頭や包皮に感染してカンジダ性亀頭包皮炎を発症することがあります。カンジダと聞くと性交によって感染すると思われがちですが、包茎の方や不潔な状態にしている方、免疫力や体力が低下している時、抗生物質やステロイド剤を使用している場合も発症することの多い病気です。性感染症と思われいる事が多いため発症しても専門の医療機関へ受診するのに抵抗があったり、仕事が忙しくて病院へ行けない男性には自宅でできる検査があります。自宅でできる検査にはカンジダだけではなくHIVやクラミジア、梅毒、トリコモナス、淋病などを同時に検査する事ができ、精度もかなり高いため病気を発症しているか知る事ができます。検体を自分で採取して匿名で郵送することによって調べる事が出来、結果はインターネットで見ることができます。病院で病気かを調べると保険証を使用するため受診歴が残り家族に知られてしまう事がありますが、これなら家族に知られることなく病気かどうかを調べることができます。しかし、受診する時間がある人や痛みがともなったりと症状が重い場合は泌尿器科や性病科へ受診する事が一番ですので恥ずかしがらずに受診するようにしましょう。

 

 

男性のカンジダの予防策

 

男性はカンジダ症を発症する事は稀と言われています。これは、男性の性器の構造が関係しています。男性の性器は体の外に位置しているため常に乾燥しています。カンジダ菌はカビの一種であるため湿気た環境を好むため、性器に感染しても繁殖する事はまずありません。しかし、糖尿病、包茎、ステロイド剤、抗生物質の使用がある場合はカンジダ症を発症する可能性があります。カンジダにならないための一番の予防方法として環境改善が重要となります。常に性器を清潔に保ち通気性を良くすることが大切です。ただし、性器は洗いすぎても逆効果となるため、洗いすぎには気を付ける必要があります。通気性を良くするためには通気性の良い下着が効果的です。そして糖尿病やステロイド剤の影響をコントロールする事も大切です。予防してもカンジダ症と似たような症状があらわれた場合はすぐに泌尿器科へ受診するようにしましょう。病院へ行く時間が無かったり抵抗がある方は自宅で検査をする事が出来る郵送検査を利用するという方法もあります。クラミジアや淋病、トリコモナスなど似たような症状があらわれる性病の検査を同時に行う事が出来、家族にばれることなく検査をする事ができます。