亀頭包皮炎に効く塗り薬

亀頭包皮炎に効く塗り薬

 

亀頭包皮炎は基本的に、塗り薬で治療を行います。しかし症状に合っている治療薬を使わないと症状は安定しません。そしてこの病気は、再発しやすくそして治りにくいことで知られています。しっかり治したいのであれば、市販の治療薬や個人輸入代行業者などから薬を仕入れて塗布するのではなく、泌尿器科の医師の診察で処方された薬を塗布し、そして管理しながら使うようにしてください。

 

性器に塗布することになりますので、デリケートな部分です。また塗り薬もよく効く薬ですので、使用を間違えるとかえって炎症が悪化してしまうことがあります。また亀頭包皮炎は、細菌性のものとカンジダ性のものがありますので、それにあった薬を使う必要があります。合併して症状を併発することもあり、なかなか素人目ではどちらが原因なのかはわかりませんので、医師に診察してもらいましょう。

 

使いすぎると悪化し、治療しなければ当然悪化するものですので、管理が重要です。症状に合わせて薬を調節していくのが、正しい治療方法になります。性器にできた炎症ですから、恥ずかしい気持ちは理解することができますが、放置しておくと炎症がさらに悪化し、腎炎などの他の合併症を伴うことがありますので、早急に治療を開始しましょう。

 

 

亀頭包皮炎の年齢による原因の違い

 

 

亀頭包皮炎は、子供から大人まで発症することのある病気です。
亀頭が炎症を起こしてしまう病気なのですが、亀頭包皮炎を発症してしまうと痛みや赤みなどが出てしまいます。

 

この亀頭包皮炎は年齢によって発症する原因というのは異なります。
子供の場合には、普段から亀頭が包皮によって覆われている状態になります。

 

そのため亀頭と包皮との間に垢などが溜まり細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

 

そして、大人の場合にも豊富に雑菌が繁殖することによって亀頭包皮炎を発症するのですが、自慰行為や性行為が原因となっていることがほとんどです。
この性行為や自慰行為によって亀頭に小さな傷ができてしまい、それが原因となって細菌に感染してしまいます。

 

また、女性からカンジダ菌に感染してしまい、それが原因で発症することもありますので、性行為の際に相手がカンジダ症を発症している可能性があるのであれば避妊具を着用するようにしましょう。
亀頭というのは非常に薄い皮膚に覆われているために感染症には非常に弱いという一面があります。

 

そのため、細菌やカビなどによって炎症を起こさないように、普段から清潔な状態を維持しておく必要があるんですよ。
そうすることで亀頭包皮炎を予防することができますので、よく覚えておきましょう。