亀頭包皮炎時の排尿について

亀頭包皮炎時の排尿について

 

亀頭包皮炎を発症してしまった時は男性器の扱いに注意する必要があります。
特に包茎の方は亀頭包皮炎の症状が悪化してしまう可能性が高いので治療中はなるべく清潔な状態を維持する必要があります。
洗っていない汚れた手で触らないように注意し、排尿時もなるべく包皮から亀頭を露出させて排尿をおこなうように心がけましょう。
また残尿が残らないように尿を出し切る事も重要です。
包茎の方は残尿が残りやすく、包皮と亀頭の間に残尿が溜まってしまい男性器が不衛生な状態になりやすいです。
包皮と亀頭の間に溜まった残尿は雑菌やカビの温床になってしまいますので治療中は特に注意しておきたいです。
また炎症を起こしている部分はむやみに触らないようにしてください。
亀頭包皮炎は蒸れやすい環境を作ってしまうと発症しやすい病気です。
男性器が露茎している方であっても残尿でパンツが湿っていたりすると雑菌やカビの繁殖が活発になり、亀頭包皮炎を発症してしまう可能性があります。
特に通気性の悪い下着は陰部を蒸れやすくしてしまうので治療中は通気性の良い下着を活用するようにしましょう。
軽度の症状であっても男性器を不衛生な状態にしてしまうとすぐに悪化してしまいます。
ですので男性器を清潔な状態に保っておく事が早く病気を治す為に必要不可欠です。

 

 

亀頭包皮炎の原因

 

亀頭包皮炎は包茎の男性というのは非常に発症しやすいのです。
包茎の場合には亀頭を包皮が常に覆っている状態です。

 

そのため、菌類が繁殖しやすくなります。
包茎というのは基本的に不潔な状態になることが多いですので、包皮をめくって洗浄するなどの工夫が普段の生活の中で必要になってきます。

 

恥垢は尿がカスのようになってしまい、そこに雑菌が繁殖している状態です。
不衛生なことはもちろんですが、悪臭を放ちますし、非常に汚いのです。

 

この恥垢はセックスや自慰行為などによって溜まりやすくなるのですが、この時に亀頭に傷などがあればその傷口から雑菌が侵入します。
それによって亀頭や包皮が炎症をおこしている状態が亀頭包皮炎になります。

 

亀頭包皮炎を治療する場合には、なによりもまずは病院に行くようにしましょう。
恥ずかしいからと治療を先延ばしにしても自然に完治することはあまりありません。

 

さらに、カンジダ菌によって亀頭包皮炎を発症している場合には、さらに完治が困難になります。
この亀頭包皮炎の原因を解明するためにも、まずは病院で検査を受けて、より効果的な治療を行うことができるようにしなければなりませんよ。

 

亀頭包皮炎は痛みも痒みも強い病気ですので、一刻も早く改善できるようにしましょうね。