亀頭包皮炎のかゆみの程度

亀頭包皮炎のかゆみの程度

 

亀頭包皮炎とは亀頭や包皮が性行為やオナニーの際に傷ついて、そこに菌が入り込むことで発症するものです。その症状として膿が出る場合もありますが、かゆみが生じる時もあります。これを放置すると、細菌がますます繁殖し、亀頭包皮炎の症状も悪化していきます。そのため、かゆみや痛みも増していき、亀頭や包皮も見た目でわかる程に赤くなったり、発疹が出たりします。多くの場合、アトピーのようにかさかさとなる場合が多いようですが、個人によってはじゅくじゅくとすることもあるようです。しかし、かゆみや痛みが酷くなれば、日常生活にも支障をきたすため、治療が必要です。もし、ひどく悪化してしまったなら性行為は勿論、オナニーも避けなくてはならないため、強制的な禁欲生活を強いられることとなります。
亀頭包皮炎の治療は、できれば泌尿器科を受診することが望ましいですが、軽度の場合にはぬるま湯で洗う等して清潔にすることで回復が見込めることもあります。亀頭包皮炎もその他の疾患同様、異変を感じたらすぐに専門医に見せることが最適ですが、そうなる前に傷が付くような性行為や激しいオナニーを避けるようにし、性器を清潔にすることで予防することが最良の方法となります。

 

 

 

亀頭包皮炎と併発しやすい病気

 

 

まず亀頭包皮炎の細菌とカビが原因で引き起こされる炎症です。誰もが持っている細菌とカビになりますので、免疫が落ちた場合など、誰でも発症する可能性があります。よって免疫が落ちたときになる病気として代表的なのが、風邪になります。風邪を引いた場合、発熱やリンパ腺が腫れることもありますので、それと同時に亀頭包皮炎も併発していますので、辛い症状になるでしょう。またそのほかの病気としては、前立腺炎、そして性病も併発する可能性があります。

 

いろんな病気が併発することで、症状も辛くなりますから早急に病院に行くようにしてください。特に男性器を医師に見せることになりますので、抵抗を感じる人も多いですが、相手は医師ですのですべてを任せるようにいけば何も問題はありません。亀頭包皮炎は、再発そして治りにくい炎症でもありますので、最初からきちんと治療をすることが大切です。

 

誰でも持っている細菌やカビが原因になることから、免疫力が落ちた場合などは注意が必要です。よってなるべく不摂生な生活を避けること、そして日頃から炎症が起きないように男性器を清潔に保っておくことが予防です。また包茎の人は炎症を引き起こすリスクが高まりますので、清潔にしておきましょう。