カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

男性カンジダを治療するのには、根気が必要です。

 

治療に、どのくらいの時間がかかるのかと言うと、お薬を使って治したとしても、最低でも1ヶ月はかかるでしょう。

 

最低で1ヶ月という事は、数ヶ月かかってしまう事もあるということ。

 

本当に、水虫菌と同じですよね。

 

 

症状の重さや年齢によっても差があるかもしれませんが、自分が想像しているよりも根気よく治療をしなければならないのです。

 

治療を中途半端にしてしまうと、定期的にカンジダを再発するようになってしまいます。

 

 

男女問わず、カンジダは再発が多い病気なので、「そういうものだから感染したら治せばいい」と安易に考えている人も実際にいます。

 

ただ、しっかりと治療すれば簡単に再発するという事もなくなる病気なので、きちんと治しましょう。

 

 

病院へ行けば、カンジダの塗り薬を処方してくれます。

 

市販薬も購入でき、中でもお勧めなのが、

 

カンジダ性亀頭包皮炎や細菌性亀頭包皮炎はの治療に効果のある「ファンガクリーム」と「ファンガソープEX」です。

 

 

特にお勧めしたいのが、ファンガソープEXという薬用ソープです。

 

男性カンジダは症状を治す事は簡単だけど、最後まで治療をし完治させることはとても難しいです。

 

大抵の人は、症状が治まれば治ったと勘違いし、完治する前に治療をやめてしまうでしょう。

 

その結果、再発を繰り返すという事になってしまうのです。

 

 

そうならない為にも予防が必要で、この薬用ソープが役に立つというわけです。

 

ファンガクリームでカンジダ菌などの真菌細菌を殺菌することは可能なのですが、継続して予防し続けるためにはファンガソープEXを使う事がお勧めです。

 

予防をしっかりとしている事で、ファンガクリームなどの薬に頼る必要もなくなるでしょう。

 

 

男性カンジダは、水虫菌と同じくらいしつこいです!

 

 

カンジダも水虫も、治療期間は長いのですが、カビの種類は別物です。

 

・カンジダは、カンジダ菌というカビ

 

・水虫は白癬菌というカビ

 

 

どちらにしてもカビが原因なのですが、水虫の治療は長期間かかるという事は知っていても、カンジダも同じだったと知っている人は少ないのかなと思います。

 

 

そもそもどうして水虫菌はしつこいのかは知っていますか?

 

水虫はなんども再発する菌です。

 

冬になると治るのに、夏になると水虫になってしまうと聞いた事があると思います。

 

 

冬になると足がぬれる機会が少なるなるので、水虫菌は大人しく潜んでいるのです。

 

つまり、冬に治ったというのは勘違いで、こっそりと隠れているだけ。

 

 

完治しないまま放置していると、湿気や温度がカビの好みの条件になり、また再発していきます。

 

水虫になったら、家族に移してしまう前に、早めにしっかりと完治させる必要がありますよね。

 

徹底的に殺菌して、しっかりと皮膚に根付いてしまった水虫菌を退治しないといけないのです。

 

皮膚の深いところまで根付いてしまった水虫菌を撃退するのは、簡単ではありません。

 

水虫菌が潜んでいるところまで、皮膚の新陳代謝がすむのを待たなければいけないのです。

 

 

それでは、皮膚の新陳代謝はいつ頃にすむのだと思いますか?

 

症状や年齢によっても異なるようですが、足などでは最低でも2ヶ月は必要だと見ておくことをお勧めします。

 

 

 

男性カンジダの治療には1ヶ月以上かかります!

 

 

水虫について熱弁しましたが、ここでお話したいのは水虫の事ではなく、男性カンジダの話です。

 

カンジダ性の亀頭包皮炎ですが、水虫と同様に根気よく治療を続ける必要があります。

 

もちろん、カンジダ用の薬を使えば、かゆみや赤みの症状は治まるので早い段階で「治った!」と実感できるでしょう。

 

で、多くの人がこの状態で治療をストップしてしまいます。

 

カンジダの治療で病院へ行き、症状が治った後に再度診てもらうという事がないので、余計に治療を途中でやめてしまうケースが多いんですよね。

 

 

その後にカンジダが再発した時には、自己治療を選ぶという方の方が多くなります。

 

自己治療もまた、症状が治まると治療をやめてしまうでしょうから、再々発するという可能性も大です!

 

 

軽い症状の場合、ファンガクリームを1週間くらい使えば症状は治まるでしょう。

 

カンジダってすぐに治るなぁと感じると思いますが、本来は水虫のようにしつこい菌だという事を忘れないでください。

 

1週間程度、薬を使ったからといって、カンジダ菌が完全にいなくなるなんてことあると思いますか?

 

 

軽症だと思っていたカンジダでも、炎症が起きて垢が溜まった状態だと、カンジダ菌は皮膚に根付いているでしょう。

 

皮膚のサイクルはおよそ28日間ですから、症状がなくなったとしても最低でも1ヶ月は薬を塗り続ける必要があります。

 

そうしないと、またカンジダ菌が繁殖し、簡単に再発していまうと思います。

 

 

男性カンジダや水虫は、しっかりと治療をしないと時間や薬に使ったお金も無駄になってしまいます。

 

 

風邪などと違って、病気になって薬をもらってという当たり前の治療とは別物です!

 

男性カンジダはしっかりと治療や予防をしていれば、再発する確率は極めて低くいのです。

 

カンジダになった時に、しっかりと最後まで治療して、再発しないように頑張りましょう。

 

 

 

継続して治療するための必須アイテムファンガソープEX!

 

 

男性カンジダになってしまったら、その時にしっかりと撃退することが大事です。

 

 

自己治療をする場合、ラミシールやロテュリミンAFを使うと聞いたとこがあると思います。

 

しかし、これらの薬は赤みやかゆみを抑えたり、菌を抑える事は出来ても菌を殺す事は出来ません。

 

ファンガクリームは、真菌や細菌を99.9%殺菌が可能な薬なので、カンジダ菌を撃退できちゃいます。

 

 

カンジダ菌を撃退できたとしても、やはり怖いのは再発ですよね。

 

再発を日常から予防するためにも、ファンガソープEXを使い続ける事をお勧めします。

 

 

ファンガクリームとファンガソープEXの男性カンジダ完治セットという商品もネット通販で購入する事ができます。

 

なぜ、セットで購入する事が推奨されているのかお分かりでしょうか?

 

治療薬としてファンガクリームを使う事はもちろん、細菌や真菌を殺菌し洗い流す事で予防も出来るファンガソープEXを兼用する事で、治療の効果が格段に上がるからです。

 

 

治療にとって一番ダメな事は、「もう痒みも治まったし、カンジダは治っただろうから薬を使うのやめよう!」となってしまう事。

 

男性カンジダの治療には根気が必要なのですが、治療の止め時を自己判断するのって難しいですよね。

 

「痒みがなくなったら、薬を塗らない」と判断する人の割合が一番多いと思います。

 

 

100歩譲って、薬を塗るのをやめたとしても、ファンガソープEXを継続して使い続けていれば、再発する事は免れると思います。

 

ファンガソープEXは、ボディーソープとしても使う事が可能です。

 

ただ、通常使うものと考えたら、値段が高いかなと感じてしまうかもしれません。

 

雑菌や臭いに気を付けたい部分だけ、ファンガソープEXを使うというのもいい考えだと思います。

 

洗顔だって違う石鹸を使っているのですから、雑菌の溜まりやすい場所にも違う石鹸を使うというのもありですよね。

 

 

こんな時もケアが必要です!

 

セックスをした後などは、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

 

もしかしてカンジダかもと思っていたり、治療中にはセックスを控えているケースが多いと思います。

 

もしパートナーが感染していた場合、自分もカンジダ菌につけ込まれてしまう可能性も高いでしょう。

 

 

こんなケースもあるので、セックスのあとには必ずファンガソープEXを使ってケアする事もお勧めです。

 

さりげなく、パートナーに使用をすすめるのもありですよね。

 

 

痒みや赤みなどの症状があるのなら、薬を使って治療することが必要です。

 

しかし、症状も治まっている、でも感染する可能性や再発する可能性もあるから、どうしようと考えているなら、ファンガソープEXを使ってケアし続けたいですよね。

 

セックスのあと、エチケット用品として1本くらいは常備しておいても良さそうです。

 

 

 

 

 

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット