カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

 

カンジダ性亀頭包皮炎かも?と思ったときは…

 

カンジダ性亀頭包皮炎と思ったときはすぐに泌尿器科や性病科に受診し検査をする事が必要です。

 

カンジダ性亀頭包皮炎に感染したまま女性と性行為をすると相手にも感染させてしまう可能性があります。

 

病院に受診する時間が無い人や受診する事に抵抗がある人、家族に病院へ受診していることを知られたくない人等は自宅で検査が出来るキットをおすすめします。

 

自宅で検査物を採取し検査施設に送るだけで性病を調べる事ができます。匿名で検査をすることができ、検査結果はインターネットで確認できるようになっています。

 

カンジダ性亀頭包皮炎と判明したら治療薬を使い治療を行うのと同時に生活習慣の改善も必要です。

 

カンジダ菌は免疫力や体力が低下していると発症しやすい病気なので、免疫力を高める事によって早く完治する事ができます。

 

さらに入浴の際も患部を過剰に洗わないようにすることも大切です。洗い過ぎるとカンジダ菌以外の常在菌が洗い流されさらに症状が悪化する場合があります。

 

 

病院の薬を使ったのに亀頭包皮炎が再発するのはなぜ?

 

ペニスに異変を感じ、迷ったけれどこれはひどくなりそうだと病院に行くと、亀頭包皮炎だと診断された。

 

亀頭包皮炎の原因には、大きく分けてカンジダ菌のようなカビ菌(真菌)が原因となるケースと、細菌が原因となるケースがあります。

 

私たちは常に多くの菌と生活を共にしています。

 

カンジダ菌もその一種ですが、細菌では黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌、聞き慣れたものではいわゆるニキビ菌なんていうのも、私たちの皮膚にいつも少なからず住んでいる常在菌です。

 

あなたはどんな菌が原因だと診断されましたか?

 

カンジダ菌とある細菌の両方と診断されたかもしれません。

 

薬をもらい、しっかし治療を行ったと思いますが、再発してしまうという方も多いようです。

 

亀頭包皮炎が再発してしまうのはなぜでしょうか。

 

 

 

亀頭包皮炎が再発するのはなぜ?

普通、病院で先生に診てもらって、専用の薬をもらったのなら、完全に治ると思いますよね。

 

そして実際、症状は良くなり、落ち着いたはずです。

 

だけど何かの拍子にまたジワジワと痒くなってしまう。

 

それはどうしてでしょうか。

 

申し上げた通り、亀頭包皮炎などの炎症を起こす原因となる菌は、常在菌です。

 

病院のお薬によって炎症を抑えることはできたかもしれませんが、だからといってその後もずっと菌とは無縁となったわけではありません。

 

私たちはお母さんのお腹から生れ落ちた瞬間から、多くの菌と生活を共にしています。真菌や細菌からは逃れられず、いつも一緒です。

 

だから、一度治療が終わっても、また原因となる菌が暴れ出せば、炎症が起こることもあるのです。

 

みんなの肌に菌はついているのに、自分だけ亀頭包皮炎が発症するのはなぜ?

 

常在菌は通常、私たちにとって悪い影響を及ぼすものではありません。

 

ではどんなときに悪い影響を及ぼし、亀頭包皮炎が起きたり、顔だったらニキビが生じたりするのでしょうか。

 

たとえば、常在菌のバランスが崩れたとき、つまり、何らかの理由で菌が増えすぎたときなどが皮膚に悪影響を及ぼす原因の筆頭にあげられるのではないでしょうか。

 

菌が増えすぎるのはどんなときかというと、大きく3つ考えられます。

 

①湿った状態や不潔な状態が続いた
②身体が弱っていた
③身体を洗いすぎた

 

湿った状態や不潔な状態が続いた

一つは、湿った状態や不潔な状態が続いたときです。

 

おそらく経験的に、そして感覚的にお分かりになるかと思います。

 

湿った状態や不潔な状態というのはほぼ同じ意味と言って良いかもしれません。

 

菌類は湿り気が好きだと言いますから、蒸れた状態というのは菌が繁殖しやすく、客観的に見て不潔な状態と言えると思います。

 

日中生活していて、汗をかく。そのまま汗を流さすに過ごせば、通気性の悪い個所ではどんどん菌が繁殖し、においを発したりしますよね。

 

一般的に、亀頭包皮炎は包茎の方がなりやすいと言われます。亀頭が露出していないので、蒸れて、汚れが溜まりやすい状態が続くことが多いのです。

 

皮が難なく剥ける仮性包茎の状態であれば入浴時に清潔を保てば良いので、どうしても治療しなければならないということではありませんが、包茎の方は菌が繁殖しやすいということは念頭に入れておく必要があると思います。

 

身体が弱っていた

病気で身体の抵抗力が落ちているとき、例えば糖尿病など、慢性的に抵抗力が落ちてしまう状態では細菌がはびこりやすいと言われます。

 

大きな病気でなくても、ストレスや睡眠不足といったことは日常でよくありますよね。そういう、ちょっと弱ったときなんかも、菌が繁殖しやすくなることがあります。

 

私たちは常在菌と共に生活をしていますが、私たちが持つ抵抗力とのバランスで普段は上手に付き合えているのです。

 

亀頭包皮炎も、いつもは何でもないのに、少し疲れが溜まったと思うと再発するという方は多いのではないでしょうか。

 

身体を洗いすぎた

特にカンジダ性の亀頭包皮炎の原因となる行動に、ペニスの洗いすぎということがあります。

 

清潔に越したことはないし、洗うことの何が悪いのだと思われるかもしれませんが、洗いすぎは禁物です。

 

なぜなら、私たちにとって菌は、ただついているということよりも、バランスが崩れるときが驚異的だからです。

 

カンジダ菌は真菌の一種で、イメージとしては植物に近い存在です。皮膚の根を張り、非常にしつこく止まります。

 

水虫がしつこいことはご存知だと思いますが、カンジダ菌も水虫の原因となる白癬菌と同じ真菌の一種。つまり一度本格的に繁殖し根を下ろすと大変しつこいのです。

 

細菌は石鹸で洗い流せると言います。細菌は洗い流せるけれどカンジダ菌は根を張っているのでそう簡単には落ちない。

 

カンジダ菌ばかりが皮膚上に残って、繁殖しやすくなるから、普段は無害なのにも関わらず猛威を振るうことになるというわけです。

 

 

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

 

ペニスに菌がつき、繰り返し炎症を起こしてしまう理由

亀頭包皮炎になるのは、菌のバランスが崩れるという理由だけではありません。

 

本来、菌が入っちゃいけないところに菌が入りこんでしまうと、炎症が起きてしまいます。

 

亀頭包皮炎の場合も、真菌や細菌が亀頭についた傷などから侵入することが原因となることがあります。

 

亀頭はデリケートで傷つきやすい粘膜だということを忘れた

通常細菌やカンジダ菌のような真菌などは、皮膚のバリアによって身体の表面で暮らしています。

 

口の中や膣内など、粘膜にも常在菌は存在しますが、傷口などからその奥に入り込んで増殖すると炎症が起きてしまって痛みや痒みが生じてしまう原因になります。

 

亀頭は粘膜であり、敏感で大変傷つきやすい部分です。

 

成長と共に包皮に覆われなくなったり、性行為の刺激により敏感さが損なわれがちなので気づきにくいのですが、亀頭は本来、かなりデリケートな部分なのです。

 

乱暴で刺激の強いセックスや自慰行為によって傷がついたり、刺激を受けることで組織が脆弱となり、菌が入り込みやすくなる。

 

もし、亀頭に傷がつきやすい原因があるのだとしたら、一度治したとしても何度も亀頭包皮炎が再発してしまう理由となります。

 

 

不潔な手で触る癖がある

根本的な問題ですが、ペニスに触る癖がある方は要注意です。

 

とりたてて汚れている自覚はなくとも、手には多くの雑菌がついているはずです。

 

無意識にペニスを触ってしまうという方は、炎症を起こす可能性も高くなってしまいます。

 

 

亀頭包皮炎は再発する度に病院へ!

 

亀頭包皮炎は何度もかかる可能性がありますが、理想はその度に医師に診察してもらうことです。

 

たいていの人は、ペニスに生じる痒みや痛みで病院に行くのは嫌だと思います。

 

できれば病院へ行かずに済ませたい、

 

ものによっては放っておいて自然治癒することもあるでしょう。しかし中にはカンジダ性亀頭包皮炎のように、放置するだけでは完治が難しいものもあります。

 

しっかり培養検査をしてもらって、原因となった菌の特定をする必要があります。

 

病院に行くのが嫌だ、もうペニスの痒さから解放されたいと考える方は、一度医師に診てもらったらその後亀頭包皮炎にかかるようなことを繰り返さないことです。

 

 

具体的には以下のことに注意を払います。

 

 

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

 

亀頭包皮炎の再発を防ぐ方法

1 陰部を正しく清潔に保つこと

 

しっかり汗を流し、下着を取り換え、蒸れた状態や不衛生な状態のままでいないようにすること。夏場は特に気を付けなければなりませんね。

 

亀頭はデリケートな部分だということを意識して、刺激の強い石鹸を使ったり、ごしごし洗いすぎないということも重要です。

 

2 ストレスや疲れを溜めないようにする

 

菌への抵抗力を維持するために、日ごろ、疲れやストレスなどを溜めないようにすることも大事です。

 

口で言うほど簡単なことではありませんが、最低限しっかり食事をして、睡眠を取りましょう。

 

3 普通のせっけんではなく、薬用のソープを使うこと

市販のソープの中にも、幅広い菌に対する殺菌効果があるものがあります。

 

多くの石鹸では、亀頭包皮炎の原因菌となりやすいカンジタ菌のような真菌の類を洗い流すのが困難だと言われます。

 

その他の細菌に関しては綺麗に洗い流すことができるのに、真菌だけ残ってしまうと、パワーバランスが崩れ、真菌がはびこりやすくなります。

 

そうして亀頭包皮炎が起きてしまう原因となることがあるのです。

 

薬用ソープであれば、細菌のみならず、真菌まで洗い流せると謳われているものもあるので、抗真菌成分が配合されているものを探して、日ごろのケア用品として備えておくと良いかもしれません。

 

 

市販でもネットでも買える薬用ソープ

ネット通販では、幅広い菌に殺菌効果を発揮するティーツリーオイルを配合したソープや皮膚のケアができるクリームが購入できます。

 

ファンガソープEX、ファンガクリームと言った製品は、いずれも幅広い菌に殺菌効果を発揮するというティーツリーオイルを主成分にしたものです。

 

亀頭包皮炎はちょっとしたことで再発しやすいですし、亀頭包皮炎が発症する原因が自分で分かっていなければ、いつまでも症状を繰り返してしまう可能性があります。

 

もちろん、原因をしっかり特定するために、病院へ行くことが先決ですが、日ごろのケア用品として、ティーツリーオイル配合のソープは使い勝手が良いと思います。

 

本来、お湯で軽く洗い流すだけでペニスは十分に清潔を保つことができますが、しっかり洗わなければ気がすまない方などでも安心です。

 

 

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎かも?と思ったときは…

 

カンジダ性亀頭包皮炎と思ったときはすぐに泌尿器科や性病科に受診し検査をする事が必要です。

 

カンジダ性亀頭包皮炎に感染したまま女性と性行為をすると相手にも感染させてしまう可能性があります。

 

検査は病院の他に保健所でもできますが、病院とは違い日時が決まっており予約制なので注意が必要です。

 

しかし、保健所で検査を行うと無料で出来るほか、病気が判明した場合はっ泌尿器科や性病科を紹介してくれます。

 

病院に受診する時間が無い人や受診する事に抵抗がある人、家族に病院へ受診していることを知られたくない人等は自宅で検査が出来るキットをおすすめします。

 

自宅で検査物を採取し検査施設に送るだけで性病を調べる事ができます。匿名で検査をすることができ、検査結果はインターネットで確認できるようになっています。

 

カンジダ性亀頭包皮炎と判明したら治療薬を使い治療を行うのと同時に生活習慣の改善も必要です。
カンジダ菌は免疫力や体力が低下していると発症しやすい病気なので、免疫力を高める事によって早く完治する事ができます。

 

さらに入浴の際も患部を過剰に洗わないようにすることも大切です。洗い過ぎるとカンジダ菌以外の常在菌が洗い流されさらに症状が悪化する場合があります。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎はうつるものなのか否か

カンジダの亀頭包皮炎は特に大人がなりやすいといわれていますが、発症するとペニスの炎症によりかゆみや痛みなどの症状が続く場合があります。

 

カンジダというのは菌の一種ですから、中にはうつるのではないかと気にする人もいるかもしれません。
しかし、カンジダと呼ばれる菌は誰でもあるものなので、人にうつるということはありません。

 

ですから、たとえ亀頭包皮炎であっても、性行為をすることはできます。しかし、注意したい点としては、性行為をする場合でも、ペニスに傷がつかないように注意する必要があるということです。

 

ペニスに傷がついてしまうと、そこからカンジダに感染してしまい、病気が発症するということがあるので、性行為をする場合は、症状が治ったら行った方がよいといえるでしょう。

 

また、ペニスが不衛生であると、菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、常に清潔にしておくということも必要になってきます。

 

特に包茎の人は、包皮が亀頭を覆っている状態でありますから、不衛生になりやすく、亀頭包皮炎になる可能性が高くなるので、常に清潔にしておくということを意識する必要があります。
治療に関しては、菌の繁殖を抑える軟膏やクリームを亀頭につけるといった治療で改善することが多いです。

 

 

亀頭包皮炎にかかりやすい子供

 

亀頭包皮炎とは亀頭や包皮にできた小さな傷から細菌が入り込み、増殖する事で炎症を発生させる病気です。
赤ちゃんや子供でもなる事があり、自分で症状を訴えられない赤ちゃんの場合は、亀頭の先端が赤く腫れていたり排尿時に泣いて痛がるといったサインを見逃さないようにして下さい。

 

子供の亀頭は通常包皮で包まれた包茎であり、その状態だと亀頭と包皮の隙間に垢やカスなどの汚れが溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい環境になっています。
包茎の子供が男性器を汚れた手で触ったり、不衛生な場所で排尿すると細菌が感染し増殖していきます。

 

亀頭包皮炎になった場合、症状が軽い場合は清潔にしていれば自然治癒するケースがほとんどです。
この時、石鹸などで過剰に洗浄すると亀頭や包皮に傷が付いてしまい、皮膚の保護に必要な皮脂も洗い流す事になります。

 

温水で垢やカスを洗い流す程度で十分清潔に保てます。亀頭包皮炎で痛みや痒みといった症状が強かったり、症状の改善が見られない時は病院で診察を受けて治療する事をおすすめします。

 

治療では抗生物質が配合された塗り薬や、内服タイプの抗菌薬を使用します。亀頭包皮炎を何度も繰り返し発症する場合は、発症原因となる包茎手術を行うと再発を防ぐ事ができます。

 

 

亀頭包皮炎の痛みの特徴

 

亀頭包皮炎は、男女関係や自己的な処理によって、その際に傷が出来たり、細菌の侵入や感染で発症する病気です。
赤く腫れたり、痛みが起こりますから、早めに亀頭包皮炎の診断を受け、治療を開始する事が望ましい状況です。

 

痒みと共に鈍い痛みが発生したり、常に違和感を抱える結果になりますから、病気が改善されない限り、亀頭包皮炎の症状は継続します。
痛みの特徴としては、排尿中に感じる場合もありますし、通常以上に違和感を感じる場合も存在します。

 

亀頭包皮炎の治療期間や症状、苦痛の度合いは個人差によるので、状態を悪化させない為にも、早めに現状を知る必要があります。
粘膜は元々弱く、傷が付き易い部位ですし、簡単な刺激でダメージが与えられます。

 

特に、激しい行為を行えば、簡単に摩擦や刺激が起こりますから、不潔な状態がある事によって、そこから病気発症と症状の発生に繋がります。
感染する菌は耐性が強く、しつこく留まり続けますから、清潔な状態を心掛け、適切な治療薬を使い改善を行います。

 

薬の入手で安全なのは、医療機関の診断と処方を受ける選択です。
命に関わる病気ではなくても、不快感が生活に影響を与えるので、健康的な生活を実現する為に、原因を取り除く事が重要です。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎かも?と思ったときは…記事一覧

亀頭包皮炎が温泉で感染る可能性まず起こることがないということが大切です。よく温泉で感染するものとして水虫があり、亀頭包皮炎もカビの一種であるカンジダが引き起こすことがありますが、水虫と温泉との関係は、あくまでも足ふきマットの接触により感染したケースになります。よって温泉で陰部が触れるということがない限り、移ることは考えにくいです。また入浴した後に悪化したケースの報告がありますが、成分によって炎症が...

カンジダは男性でも発症することはある女性がカンジダ症になるというのはよくあることです。ただし、男性もカンジダ症を発症してしまうことはあります。そもそもこのカンジダというのはカビのことです。そのため、男であっても女でも発症してしまうのは当然ですよね。カンジダ菌というのは元々身体の中に存在しているものです。それが体調が悪くなったり免疫力が低下することによってカビが増えてしまい、カンジダ症を発症してしま...

亀頭包皮炎に効く塗り薬亀頭包皮炎は基本的に、塗り薬で治療を行います。しかし症状に合っている治療薬を使わないと症状は安定しません。そしてこの病気は、再発しやすくそして治りにくいことで知られています。しっかり治したいのであれば、市販の治療薬や個人輸入代行業者などから薬を仕入れて塗布するのではなく、泌尿器科の医師の診察で処方された薬を塗布し、そして管理しながら使うようにしてください。性器に塗布することに...

亀頭包皮炎を発症したら亀頭包皮炎になってしまった場合にはどのよに対処すれば良いのでしょうか。炎症を起こしている部位が部位なだけに、亀頭包皮炎を起こしたからといって病院に行くのは恥ずかしいものです。しかし、少しでも早く症状を改善したいのであれば、病院での治療が効果的です。では亀頭包皮炎を発症した場合にはどのような病院に行けば良いのでしょうか?まず皮膚科に行くべきか、それとも泌尿器科に行くべきか、とい...

亀頭包皮炎時の排尿について亀頭包皮炎を発症してしまった時は男性器の扱いに注意する必要があります。特に包茎の方は亀頭包皮炎の症状が悪化してしまう可能性が高いので治療中はなるべく清潔な状態を維持する必要があります。洗っていない汚れた手で触らないように注意し、排尿時もなるべく包皮から亀頭を露出させて排尿をおこなうように心がけましょう。また残尿が残らないように尿を出し切る事も重要です。包茎の方は残尿が残り...

亀頭包皮炎のかゆみの程度亀頭包皮炎とは亀頭や包皮が性行為やオナニーの際に傷ついて、そこに菌が入り込むことで発症するものです。その症状として膿が出る場合もありますが、かゆみが生じる時もあります。これを放置すると、細菌がますます繁殖し、亀頭包皮炎の症状も悪化していきます。そのため、かゆみや痛みも増していき、亀頭や包皮も見た目でわかる程に赤くなったり、発疹が出たりします。多くの場合、アトピーのようにかさ...

亀頭包皮炎になったら水分はなるべく控えよう主にカンジダ性の亀頭包皮炎のケースで多いのですが、その場合は水分を極力控えるのが治療に必要です。その理由として、人間には細菌とカビが常在しています。カンジダ性亀頭包皮炎はカビが原因で引き起こされます。カビに対抗できるのが細菌になり、また細菌に対抗するのがカビです。どちらも必要なものになります。たとえばカンジダ性の亀頭包皮炎になった場合は、カビだけが増殖した...

亀頭包皮炎の予防・対策男性であれば亀頭包皮炎の対策をおこなっておく必要があります。男性器はとてもデリケートな部分で、不衛生な状態が続くと細菌に感染してしまったりカンジダに感染してしまう可能性が高くなってしまいます。細菌やカンジダに感染してしまうと包皮や亀頭に炎症が発生し、悪化してしまうと排尿もできない程の激痛を伴うようになってしまいます。また包茎が悪化してしまう原因にもなりますので、男性であれば事...

カンジダ性包皮炎と診断されるついこの間、大事なところがやけにカサカサでかゆくなってきたなぁと思い病院に行ってみました。カンジダ性包皮炎という衝撃的過ぎる診断を受けてしまいました。そんなつもりで病院に行ったわけじゃないのに・・・いや、行かなかったらもっと不味いことになっていたのは町がいないですけどもね。でも、さすがにカンジダ性包皮炎と言われるのはダメージが大きいですよ。心が思いっきり抉られてしまいま...

男性のカンジダを自宅で検査男性のカンジダは亀頭や包皮に感染してカンジダ性亀頭包皮炎を発症することがあります。カンジダと聞くと性交によって感染すると思われがちですが、包茎の方や不潔な状態にしている方、免疫力や体力が低下している時、抗生物質やステロイド剤を使用している場合も発症することの多い病気です。性感染症と思われいる事が多いため発症しても専門の医療機関へ受診するのに抵抗があったり、仕事が忙しくて病...

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット