カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット

口腔カンジダの原因とは?

口腔カンジダの原因の一つはステロイド薬の投与と言われています。
ステロイド薬の投与によって、常在菌のバランスが乱れた時に口腔内カンジダになりやすいので、ステロイド薬の投与が原因になっている場合は、医師に相談して薬を変えると言う方法もあります。
でも、カンジダの時には、カンジダ専用の石鹸や洗浄剤があるって知っていましたか?
近所の薬局などに、あんまり売っていないと思いますが、病院などではカンジダ専用の石鹸や洗浄剤をよく処方してもらえます。
市販の石鹸やボディーソープはやっぱり刺激が強くて、カンジダの症状が悪くなる可能性があります。
私も昔、自然治癒を目指していた時に、普通に石鹸やボディーソープを使っていたのですが、やっぱり日に日に痒みがひどくなってしまい、結局病院へ駆け込んだことがありました。
病院へ行ってからは、膣内までゴシゴシと石鹸やボディーソープで洗わないように注意をされて、お湯で十分だと言われました。
むしろ、カンジダの症状がひどい時には、石鹸やボディーソープは使わない方が安心だそうですね。
そして、お風呂上りには、ちゃんと陰部の水分を拭いてから、下着をつけるようにした方が良いと言われました。
あまりタオルで拭かないですぐに下着を履く人は、蒸れやすいですからね。

 

 

口腔カンジダと抗生物質の関係

口腔カンジダになる原因は色々とありますが、抗生物質の長期使用によってなりやすくなるという特徴があります。
そのため抗生物質の長期使用が口腔カンジダの直接の原因になっている場合は、薬を変えてもらうことによって問題を解決できるかもしれません。
そして、妊娠中はカンジダになりやすいですが、勝手な行動は厳禁です!
妊娠をしていなければ、悪化も覚悟で自然治癒に任せることもできますが。
妊娠中は感染症を放っておくと、お腹の赤ちゃんの命にも関わる問題に発展しかねないので、気を付けないといけません!
特にいつも気軽に市販薬でカンジダを治していた人は要注意です!
妊娠中は使ってはいけないカンジダの市販薬がゴロゴロあるからです!
カンジダ治療薬は市販の多くの薬で、妊婦の使用を禁止しています。
そのため、妊婦がカンジダを治す場合は、病院での診察が一般的です。
いつも市販薬でカンジダを治していると、やっぱりこれまでの経験があるから、「大丈夫」と思ってしまいがちです。
でも、実際には、何が原因で体調不良を起こすかわかりません。
万が一、お腹の子供が流産や早産になってしまったら、勝手な自己判断を悔やみきれなくなってしまいます!
それだけに、ちゃんと病院での診察を受けましょう。

 

 

 

カンジダになりやすい人

口腔カンジダの原因で、よくあるのが糖尿病です。
カンジダは口腔内カンジダに限らず、糖尿病の人ほどなりやすいと言われています。
糖尿病の人が口腔カンジダやその他のカンジダになりやすい原因は、やはり食生活に問題がある可能性があります。
何度も何度もカンジダを再発している人は、もしかしたら糖尿病の可能性があります。
糖尿病の患者差には、カンジダ患者も多く、食事制限による治療がかなり効果的になってきます。
カンジダの再発が酷い場合は、糖質を控えるカンジダダイエットをしてみるのも一つの手段です。
炭水化物を好きな人などは、1日に炭水化物を沢山摂取しやすいですが、それだとカンジダにとっても、繁殖しやすい条件が揃ってしまうので、あんまり良くないと言われています。
そのため、カンジダになりやすい人は、炭水化物などの糖質が多い食事を控えることでカンジダ予防になると言われています。
再発があんまり多い場合は、一回糖尿病の可能性もありますので、病院で診察してもらったほうが良いかもしれません。
やはり食事が、カンジダに与える影響は大きいので、まずはしっかりと食生活を変えることが大事です。
カンジダになりやすい人っていうのは、カンジダになりやすい食事をしている可能性が高いです。

 

 

浮気でカンジダ感染は許せない

みなさんは彼氏の浮気って、どのくらいまで許せますか?
私はなかなか許せないタイプなので、もしも彼氏がカンジダなんかもらって来たら、絶対に別れると思います。
男性の場合は、コンドームをすればカンジダの感染って予防できるけど、女性からの感染はコンドームだけでは予防できません。
それを知らないで、浮気でカンジダをもらってきてしまう人もいますね。
まあ、相手の女性も、自分がカンジダだと知らないで相手をした可能性もありますが。
やはりカンジダによって浮気がばれてしまうのは、最悪のケースだと思います。
男性は「本命は君だから」と許してもらえると思っている人もいるようですが。
女性からしてみれば、そんなの関係ないですよね。
やっぱり、本命だからとか遊びとかではなく、付き合っている時には、他の女性と関係するのは辞めて欲しいって言うのがあると思います。
そういう約束が守れないと、やっぱり結婚しても、相手を信用できないで苦戦すると思いました。
性器カンジダ以外には、口腔内カンジダなんどもありますが、口腔カンジダはよく免疫力の低下で発症することがあります。
カンジダは常在菌ですので、一定数がいることには何も怖くありませんが、免疫力が低下すると口の中でカンジダ菌が異常発生することが問題です。

 

 

生活習慣がカンジダに関係

口腔カンジダになりやすい人は生活習慣に問題を抱えている可能性があり、特に食事が原因になっている場合があります。
食事が原因で口腔カンジダになっているのであれば、まずは糖分や発酵食品を多く含む食品を避け、カンジダになりにくい緑黄色野菜などを積極的に摂取したいですね。
でも、カンジダ検査が痛いっていうのは、女性だけなのかな?
男性の場合のカンジダ検査って、どうなんでしょう。
私は自分がカンジダ検査を受けた時には、チクチクした痛みが嫌だったのを覚えています。
女性の場合は、膣内を棒でこすって採取するので、その時のこすった感じが、微妙に嫌なんですよね。
男性もカンジダ性亀頭包皮炎になると、やっぱりカンジダ検査はされると思いますが。
女性の場合は、診察台に上がって、カンジダ検査の菌を採取するのが、本当に辛いです。
恥ずかしいし、何だか痛いし。
微妙な気持ちになりますね。
でも、カンジダ検査が終わって、本当にカンジダだとわかると、やっぱりホッとしますよね。
膣炎の場合は、トリコモナス膣炎や細菌性膣炎の可能性もありますので、まずは原因を特定するっていうのは、大事なステップだと思います。
それがわからないことには、やっぱり治療方法だって定まらないですからね。

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎完治セット